Q .特定のメーカーの最新機種においてUEFI環境でリカバリー王Zの保護を開始すると、OSが起動しないあるいは環境復元ができないといった事象が発生する。

A.

題記の件につきまして、下記の現象が発生することを確認いたしました。
本件に該当する機器をご利用のお客様はご注意くださいますようお願いいたします。

発生環境

  • リカバリー王ZVer.11.0.0.0~11.3.0.0
  • 下記のメーカーの最新機種及び該当機種にてUEFI環境でリカバリー王Zを利用している。
    ※一部下記に記載されていないメーカーの機種においても同様の事象が発生していることを
    確認しています。同様の事象が発生した場合はサポートセンターへお問い合わせください。

【該当機種】

  • EPSON
  • HP
  • INTEL
  • Microsoft
  • TOSHIBA
  • VAIO
  • マウスコンピュータ
  • 富士通社製
    • LIFEBOOK U9310X/D
    • LIFEBOOK U9310/D
    • LIFEBOOK U7510/D
    • LIFEBOOK U7410/D
    • LIFEBOOK U7310/D
    • LIFEBOOK E5510/D
    • LIFEBOOK E5410/D
    • LIFEBOOK A7510/D
    • LIFEBOOK A5510/D,DX
    • ARROWS Tab Q7310/DE,DB

現象

  • リカバリー王Zをインストールし、保護を開始するとOSが起動できなくなる。
  • リカバリー王Zをインストールし、保護を開始しても環境復元が実行されない。

回避方法

上記機種でご利用いただく際にはリカバリー王Zをインストールタイプ3でご利用いただき、別途特別な設定が必要となりますので弊社サポートセンターまでお問合せください
※サポートセンターのご連絡先は製品パッケージに同梱されている「保守・サポートサービスのご案内」に記載されています。
※上記該当機種で事前確認チェックツールを実施するとOSが正常起動しない場合がありますのでご注意ください。

また、インストールタイプ3では以下の制限事項がございますのでご留意ください。

インストールタイプ3で運用する場合の制限事項
  • 管理方法(保護タイプ)はファイル・フォルダ単位のみとなります。パーティション単位ではご利用になれません。
  • 動作設定で修復保留モードはご利用できません。
  • 緊急時などの際、「簡易環境設定画面」の呼び出し(OS起動前にPageUpキー押下)ができません。

補足

OSが起動しなくなった場合は下記の手順にて復旧を行ってください。

OS起動しなくなったPCの復旧手順
  1. Windowsのインストール用メディアを使ってPCを起動します。
  2. 言語等必要な項目を選んで[次へ]をクリックします。</li
  3. [コンピュータを修復する]をクリックします。
  4. オプションの選択画面にて[トラブルシューティング]をクリックします。
  5. [コマンドプロンプト]を選択し、次のコマンドを実行します。

    bootrec /Rebuildbcd

    コマンドプロンプトを終了します。

  6. [続行]をクリックし、OSを起動させます。
  7. リカバリー王Zのクライアントプログラムをアンインストールします。