操作・設定方法 ~ネットプレゼンタープロ~

検索ワードをひとつ入力してください。(複数のワードでは検索できません。)

A.
はい。画面を拡大し、細かい文字なども見やすく表示できます。

A.

はい。例えば、参加者は発表画面を縮小表示して見ながら、PC操作を自由にできます。

A.

製品のお問合せ先(お客様サポートセンター)につきましては、パッケージに同梱されている『保守・サポートサービスのご案内』をご覧ください。

お問合わせいただく際はシリアル番号をご用意ください。
製品のシリアル番号はパッケージ内のライセンス証紙に記載されております。


トラブル ~ネットプレゼンタープロ~

検索ワードをひとつ入力してください。(複数のワードでは検索できません。)

A.

原因

  1. ネットワーク環境に問題が発生している。
    • Windowsファイアウォールによって通信が規制されている。
    • ウィルス対策ソフトなど他製品上のファイアウォールセキュリティによって通信が規制されている。ネットワークの状態が「パブリック」に切り替わっている。
      ※Windows Vista以降のOS環境
    • ネットワークの設定が、本製品の「通信仕様」を満たせない環境になっている。
    • ご利用のネットワーク機器(ルーター / スイッチングハブ / LANケーブル / ネットワークカードなど)の故障や障害発生の影響により、本製品の「通信仕様」を満たせなくなった。
  2. 画面転送の送信方式にマルチキャスト通信をご利用の場合、ご利用のネットワーク機器(ハブ / ルーター)でマルチキャスト通信が規制されている。
  3. ネットプレゼンターProの環境設定内容に問題がある。
    • 受信PCの環境設定で「送信された画像を自動的に表示する」のチェックを外している。
    • 受信PCの環境設定で「マルチキャスト」「ユニキャスト」の選択が送信PCと異なっている。
    • 【マルチキャスト方式でご利用の場合】送信PC/受信PCで設定している「マルチキャスト設定」のアドレスが異なっている。
    • 【ユニキャスト方式でご利用の場合】送信PCに登録している送信先アドレス情報が誤っている。
    • 送信PC/受信PCで、異なるバージョンのネットプレゼンターProがセットアップされている。

ネットワーク環境の確認方法と主な対処方法

送信PC上で「コマンドプロンプト」を起動し、以下のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

送信先設定をIPアドレスで登録している場合

ping *******

***に、[受信PCのIPアドレス]を入力

送信先設定をコンピューター名で登録している場合

ping *******

***に、[受信PCのコンピューター名]を入力


上記の結果、応答が正しく返ってこない場合は、送信PC~受信PC間で通信ができていません。この場合、以下の事項をご確認いただき、通信が正常に行えるネットワーク環境を構築いただく必要がございます。

  • 名前解決処理ができない場合は、Windowsファイアウォールの例外設定にて「ファイルとプリンタの共有」を有効にする。
  • 他システム上の通信セキュリティ設定を無効にするか、適切な除外設定を実施する。
  • Windows Vista以降のOS環境の場合は、[ネットワークと共有センター]を開き、ネットワークの状態を正しい状態(「プライベート」or「ドメイン」)に設定する。
  • 各PC上のネットワークの設定(TCP/IP)を確認し、通信の問題を修正する。
  • ご利用のネットワーク機器のリセットを実施する。

マルチキャスト通信が規制されている場合の対処方法

ご利用のハブ(ルーター)でマルチキャストのパケットが正常に通過できるように設定変更を行ってください。設定方法に関しましては、各機器の販売元メーカー様にお問い合わせください。

ネットプレゼンターProの状態確認方法

タスクトレイに表示されているネットプレゼンターProのアイコンをクリックしてください。表示されるメニューより、[環境設定]をクリックすると環境設定ダイアログボックスが起動します。同様にメニュー内の[バージョン情報]をクリックするとネットプレゼンターProのバージョンを確認できます。

  • 環境設定で送信先として登録しているマルチキャストアドレスの情報が正しく設定されているかをご確認ください。(→送信PC/受信PC)
  • 環境設定で「送信された画像を自動的に表示する」をチェックしてください。(→受信PC)
  • 送信PCと受信PCにセットアップされているネットプレゼンターProのバージョンが異なる場合は、同一のバージョンにしてください。

A.

原因

  1. 【マルチキャスト方式をご利用の場合】
    ご利用のネットワーク機器(ハブ/ルーター)側でマルチキャスト通信が規制されている。
    >> 回避方法 1
  2. ご利用のネットワーク機器(ハブ/ルーター)側で、パケットのサイズ規制が施されている。
    >> 回避方法 2
  3. ご利用のネットワーク環境に対し、送信PCのネットプレゼンターPro設定値(送信パケットサイズと送信間隔)が合致していない。
    >> 回避方法 3
  4. 送信PC/受信PCにて、異なるバージョンのネットプレゼンターProがセットアップされている。
    >> 回避方法 4

【回避方法1】マルチキャスト通信が規制されている場合の対処方法

ご利用のハブ(ルーター)でマルチキャストパケットが正常に通信できるように設定変更を行ってください。設定方法に関しましては、各機器の販売元メーカー様にお問い合わせください。

【無線LAN環境でご利用の場合】
無線LAN機器側の性能仕様上マルチキャスト方式がご利用いただけない場合もございます。その際は、ユニキャスト方式をご利用ください。

【回避方法2】通信パケットのサイズ規制が施されている場合の対処方法

ご利用のハブ(ルーター)でパケットが正常に通過できるように設定変更を行ってください。設定方法に関しましては、各機器の販売元メーカー様にお問い合わせください。

または、ネットプレゼンターPro環境設定で送信パケットサイズを規制以下の値に変更してください。

【回避方法3】ネットプレゼンターPro設定値(送信パケットサイズ/送信間隔)の調整方法

環境設定で画面転送のチューニングを行ってください。チューニング方法は「画面転送ガイドライン」をご覧ください。「画面転送ガイドライン」はユーザー様サポート専用サイトからダウンロードいただけます。
※本ガイドラインの設定をご利用いただけるのはVer.9以上です。

【回避方法4】ネットプレゼンターProのバージョン確認方法

タスクトレイに表示されているネットプレゼンターProのアイコンをクリックし、表示されるメニュー内の[バージョン情報]をクリックするとバージョン内容が表示されます。
送信PC/受信PCにセットアップされているネットプレゼンターProのバージョンが異なる場合は、同一のバージョンにしてください。

A.

対象バージョン

  • ネットプレゼンターPro Ver.3.2.0.0以下
  • ネットプレゼンターPro 議長コンソールオプション Ver.5.2.0.0以下

回避方法

ネットプレゼンターProの環境設定にて、画像転送品質の設定を「JPEG形式」に設定されている場合に発生する場合があります。画像転送品質の設定を「BMP形式」に変更してご利用ください。

A.

現象

AERO(エアロ)を有効にしている(Windows Vista)環境にて、ペンで線を描くと線のまわりが黒く縁取られたり、画面を拡大化すると画面が真っ黒になったりする場合があります。

対象バージョン

ネットプレゼンターPro Ver.3.2.0.0以下
ネットプレゼンターPro 議長コンソールオプション Ver.5.2.0.0以下

回避方法

AERO(エアロ)を無効にする。
[コントロールパネル]→[配色の変更]より「Windows Vista ベーシック」に変更できます。これはログオンユーザープロファイル上での設定変更となります。
[コントロールパネル]→[システムとメンテナンス]→[管理ツール]→[サービス]より、「desktopWindowManagerSessionManager」を停止し、[スタートアップの種類]を無効に変更すると、AERO(エアロ)を無効にできます。

A.

はい。例えば、参加者は発表画面を縮小表示して見ながら、PC操作を自由にできます。

A.

製品のお問合せ先(お客様サポートセンター)につきましては、パッケージに同梱されている『保守・サポートサービスのご案内』をご覧ください。

お問合わせいただく際はシリアル番号をご用意ください。
製品のシリアル番号はパッケージ内のライセンス証紙に記載されております。